ソーシャルネットワーキング
そよそよそよよ 日常

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018.05/30(Wed)

逃がした鳥は大きかった 

珍しく普段使わない頭を使ってたからとか手荷物で散漫になってたからとかテンパってたかもしんないとかとっちらかった言い訳も考えてみましたが、それにしてもあんまりだわ、わたし。

それでは聞いてください、この悲しみを。

「せっかく買ったケンタッキーのお持ち帰りをどこか出先で置き忘れてきたことに『丸一日経ってから』気づいた。」

忘れすぎにも程があるよね!?(;゚Д゚)
失くしてますます募るケンタッキーへの思慕。あぁケンタさんなぜあなたは今ここにいないのってそれわたしのせいやんかー!ばかばかわたしのばかー!(つまりはおなかがすいた)
【編集】 |  02:52 |  日常  | Top↑
2018.02/04(Sun)

春は名のみの、2018 

風の寒さや…や、まだまだ寒すぎるわっ!

積もる雪、皆既月食(ブラッドムーン!)、降りしきる雪、とまるでネトゲのような天候の変わりようを楽しんでたら、もう立春ですってよ…そろそろまともに新年の挨拶くらい書いておかなくては。

さて改めまして。あけましておめでとうございます。
旧年お仕事でお世話になったみなさま、ユーザーのみなさま、ブログを見てくださったみなさま、ホントにありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は…18禁なエロトークやりたいなー。あとTL(女性向けエロス)が気になるなるー!

そうだ、恒例のアレ。2017年気になったキャラはというと。
かりん先生@恋愛ルセット(女子力が高すぎる素敵なおねーさん)、千恵華@金色ラブリッチェ(妹力が高すぎるかわいい妹)、とサブキャラでまとめてみました。
『ラブリッチェ』は千恵華の他にもモブキャラあれこれ、いろんなタイプのキャラが演じられて楽しかったですー。

それでは、今年もみなさまに心ときめく推しキャラとの出会いがありますように(*'ω'*)
【編集】 |  03:46 |  日常  | Top↑
2017.12/31(Sun)

今年のネタは今年のうちに 

普段まったく接点のない職業の「プロのお仕事」を見る機会があると、とても興味深いです。
ふむ、白衣にときめくのもわかる気がする。

惜しむらくは、そんな時はおおむね「白衣?こちとらそれどころじゃねぇ!」ってなってることですね。

そうそう、看護師さんに「声がきれいですね~」とほめられました。今年一番舞い上がりました。
や、今年一番舞い上がった出来事なので、今年のうちに書いておかなきゃなと。

そんなわけで、今年もお世話になりました。いつもの諸々は年明けに改めて。
みなさま、よいお年を(*・ω・*)
【編集】 |  23:36 |  日常  | Top↑
2017.09/05(Tue)

少しだけセンチメンタル 

ちょっと昔の頃を思い出して、感傷的になったりすることもあるある。

うん、寝て起きたらきっと、いつもの日常。


さて、今さらなんですがこっそり『sinレナ』かなり偏ったネタバレ雑感。
【編集】 |  05:19 |  日常  | Top↑
2017.07/07(Fri)

紙の森、電子の海 

ひさしぶりに、甘々な恋愛ものの少女漫画が読みたくなって、本屋さんで物色してました。

昨今、電子書籍もたくさん出てますが、やっぱり紙の本が好きです。
電子書籍だと手軽だし、どんなにたくさん買っても場所をとらないし、便利だよなあ…てのはわかってるんですけど。
紙の本は…、紙の手触りとか、新しい本の匂いとか、素敵な装丁とか、「物語」を手にしてる満足感とか、さまざまな本が並んだ本屋さんの雰囲気とか、そういうのをひっくるめて好きなんです。
台本も同じように、そのうち台本データをタブレットで読みながらスタイラスペンで書きこんで…というのが主流になるかもですが(お仕事で使ってる方もすでにいらっしゃるかも?)。
紙の束を読みくずして、ペンでチェックを書きこんでる時の、紙を滑っていくペン先の感覚や、印刷された文字の間からふわりと匂いたつ「物語」の気配(メーカーさんそれぞれ書式やフォントが違うので、「物語」の気配も変わってきます)。そんな、紙ならではのものが「物語の中のキャラ」を探して追いかけるのを手助けしてくれたりする、気がします。

と、「紙の本が好きなんだ!」と主張したところで…この、部屋に積み上がった本と終わった台本の山なー。紙の森どころかこれでは腐海になりつつある予感。この森はもうダメじゃ…。

さて、腐海の片隅で、買ってきた少女漫画を読みましょうか。手元には甘々な恋愛物語、そして今日は夜空を見上げれば「一年に一度の恋愛物語」がこぼれてくる…あまりの甘苦しさに吐きそうなくらいですが、自分の中に甘々なファンタジーを詰めこむのも嫌いじゃないです(なんじゃこのファンタジーは!とか言いながら(・∀・)ニヤニヤしてます)。
【編集】 |  04:47 |  日常  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT