ソーシャルネットワーキング
そよそよそよよ 日常
FC2ブログ

12月≪ 2020年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2020.01/22(Wed)

謹賀新年*2020* 

この前、収録時に
「あけましておめでとうございます、って言っていいのは1月15日くらいまでらしいですよ」
と聞きまして。

(;´Д`)……な、なんですと…!?

毎年この時期にブログであけおめ言ってるわたし、ダメダメやん…。

と言いながらも開き直って新年のご挨拶しちゃうんだから!
はい、2020年始まりました~。
旧年お仕事でお世話になったみなさま、ユーザー/リスナーのみなさま、ブログにふらりと遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末年始恒例のアレ、2019年気になったキャラはというと。
愛季さん@恋借り、を挙げておきますね。
愛季さんというキャラももちろん大好きなのですが、2019年の「(個人的に)初めての○○」のうちのひとつが、愛季さんの収録だったんですよね。その節は大変お世話になりました。
あ、「初めての酒乱キャラ」ではないことは確かです。そもそも愛季さんのこと酒乱だと思ってないもん!(酔っ払いが「酔ってない酔ってない」っていうやつ)

今年は、伝えたいことをうまく言語化して伝えられるように、語彙力にステータスポイントを振りたいなと。
あとはエロスをもっと追及していきたいなー…、男性向けはもちろん、女性向けのTLとかシチュエーションドラマとか、BLとかも。

そこで、後学のためにちょっと訊いてみたいのは、
【お勧めの男性向け18禁・TL・BL作品】
【古今東西・男女・2次元3次元問わず/キャラ補正、声補正抜きで「エロい」と思った喘ぎ声】
ブログで訊くのもなんですが、気が向いたらメールフォームから投げてくださいませ。
【編集】 |  03:26 |  日常  | Top↑
2019.07/23(Tue)

雨のまにまに 

雨の日の、音の記憶。
その小さな光たちは暗闇に寄せては返す。星空のように、金色の草原のように、雪のように、舞う桜のように。
歌の女神に敬虔な祈りを捧げるかのような、静かな高揚が満ちていくさまを、遠くからずっと見ていた。
きっとこの歌は、雨の向こう側にまで届いているはず。

6月の「FAVORITE 15th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE」では、ひさしぶりに夢さんと会えました、うん、会えたね。
それにしてもライブで聴く歌の、音楽の力はすごい。たった数分で心をきゅっと掴まれて持ってかれちゃう、でもそれが心地よくてたまらないんです。

 - - -

雨の日の、匂いの記憶。
雨の中、微かにただようクチナシの花の香りに、いつかの想い出がふわりと混じる。
その想い出の輪郭をなぞるようにクチナシの花を買ってみたけど、数日で枯れて匂いは消えてしまった。
でも、来年もまたクチナシの花を買うのだろう。わたしの中にある、けれどもう届かない想い出の残り香にかられて。

匂いといえば、JKの匂いがすると話題の「DEOCO」買ってみました。
よーしこれでわしゃわしゃ洗ってJKになっちゃうぞー!どうよー?くかくか。

? …そもそも「JKの匂い」が わ か ら な い。

あ、そっか。これは「JKというファンタジーの匂い」なんだ。
てことは、どんなおじさんでもこれでわしゃわしゃ洗うと「おにんにんのついたJK」になれるってことだな?

おにんにんのついたJK…JKおにんにん……なんてすごくファンタジー…っ(/*・ω・)/
【編集】 |  06:55 |  日常  | Top↑
2019.04/30(Tue)

平成ノスタルジア 

春の、平成の暮れに、さっきお店でもらったお釣りの輝きが気になって確認したら

『平成31年』の500円玉!

この偶然がなんだかうれしくて、少しせつなくてきらきらする気持ちと一緒に500円玉をお財布にしまいました。
こうして平成はゆるりと過ぎていくんですね。

願わくば、次の令和も、素敵な想い出が色とりどりに詰まった時代になりますように。
【編集】 |  01:37 |  日常  | Top↑
2018.11/12(Mon)

ぽつり、ぽつり。 

最近のことを備忘録代わりに、とりとめもなく。

・ポッキーの日にポッキー食べるのに間に合った!やっぱ極細おいしいねーぽりぽりぽりぽり。

・先月、封緘のグラセスタのコラボバー『迎撃匠合館』に行ってきました。
フルーレティ、カクテルも甘味もとてもおいしゅうございました。カクテルがね、色も味も好みだしフルーレティさんのイメージぴったりでしたわ!
店内も撮ってめっちゃ堪能しました。今度は日本酒ベースのカクテル飲みたいなー。

・もにゃっとした気持ち、ぐるぐる行き場がなくなる。そんな時はふらりと本屋さんに寄ります。
帰り道、手の中に新しい物語があるというほんの少しの贅沢。そしてうっかり積読しちゃって腐海化が進むというね。
本屋さんだと、本屋さん+カフェとか本屋さん+宿とか、気になるとこいっぱいあるから行ってみたいですね。

・「好き」なら何を言ってもいい何をしてもいい、なんてそんなの思い上がり。
言葉や想いをこねくりまわしてこじらせて、苦さで包まれた「好き」なんかじゃなくて、もっとシンプルで素直な「好き」って気持ち。それだけでいいと思うよ。
というわけで、わたしも推しに対して素直に「好き」という気持ちを認めようとしたけど、なんかすごく照れちゃうというか恥ずかしくなってどうしようこれ。大丈夫、まだ恋じゃない、恋じゃないはず。
あ、すみません。「推し」と聞いてとても気持ち悪い笑顔を向けてるそこの元アザハイド帝国のできる変態王子様、あなたじゃないですよー。
【編集】 |  05:57 |  日常  | Top↑
2018.06/28(Thu)

夜を駆け抜ける 

心躍る物語との出会いなんて、ある日突然手のひらに転がり落ちてくる。

まだ見ぬ遠い異国の、晴れた空の青。冬に閉ざされた街に降る、雪の冷たさ。
物語に置いていかれないよう、逸る気持ちのままにページをめくる。

夜は長くて、短い。


W杯も見てると、夜は時間が経つのが早いわー。
【編集】 |  03:16 |  日常  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT